タイトルイメージ 本文へジャンプ


T.カメオの始まり


カメオというと、現代では貝やメノウのカメオを思い起こされる方が多い。
しかしカメオというのは元来は宝石の上に浮き彫り彫刻を施したものをカメオと呼び、
そして逆に沈み彫りされたものをインタリオと呼んでいるのである。
 
カメオという言葉が使われるようになったのは AD13世紀に入ってからで、恐らく
フランス語の<camaheu>=<二色の宝石>
を意味する言葉に起源していると
考えられている。しかし、BC 3000年頃に彫られたカメオ(彫刻品)がエジプトに出土
しており、もっとも古いカメオとして今も大英博物館に展示されている。
 
インタリオもBC 4000年頃にはすでに創られていたと考えられる。
アナトリア(現在のトルコ)
から出土したBC 4000年頃のストーンシール
(宝石に沈み彫りを施した印章)
の発見から、この頃がインタリオの彫刻技術の
始まりと判断されている。
 
その後BC 2500年になると地中海にエーゲ文明が花開き、インタリオの彫刻技術は
より素晴らしいものへと確立されていった。
太陽の象徴と考えられていた、カブト虫の形をした<スカラベ>と呼ばれる彫刻物が
彫られ、その腹の部分には 文字 顔 動物 など様々なインタリオが創られた。




U. なぜカメオは創られたのか

<古代ギリシャ時代(BC9世紀〜BC1世紀)>

太陽・雷雨・嵐などの自然現象は、古代の人々にとって驚異であり恐怖であった。
古代エジプト人にとって太陽は太陽神であり、古代ギリシャ人にとって雷・嵐は
ゼウス神の怒りであった。神の怒りを静めるために様々な祭り事がなされ、
神の姿を型どった彫刻物を身につけた。


当時の人々の運命は生まれながらにして定められていると考えられており、人々は
自分の運命を知りたいと、神々からのお告げ 神託 に耳を傾けた。
戦いに赴くとき、航海に出かける時、豊作を願う時など、それぞれの神の神殿に出かけ、
ひたすら祈りを捧げた。そして神の姿の彫刻物(カメオなど)を身に付けたりもした。
現在の私達がお守りやお札を身につけるのとなんら変わりなかったのである。




V. カメオはステ-タスシンボル

<ローマ時代(BC1世紀〜AD4世紀)>

地中海において古代ギリシャが終わりを告げ、ローマ時代が到来すると、カメオや
インタリオは宗教的な価値観からだけではなく、美術的また芸術的価値観から
人々はそれを所有するようになった。
誰よりも良い物を所有したいと考えた。

芸術品に対する収集欲の始まりである。

当時のローマはギリシャの各都市との戦いの結果、多くのカメオやインタリオが戦利品
としてローマに持ち込まれた。
この事は、古代の文章からもわかるように収集欲をより
かき立てる結果となり、皇帝が臣下の所有する欲しくなり、それを断られた事により
その臣下はローマを去らなければならなかった という話もある。




W. カメオの暗黒時代 中世期

<AD5世紀〜AD14世紀>

ローマ時代が終わり中世期を迎えると、美術や芸術はキリスト教を切り離しては
考えられない時代となっていた。

この時代のカメオやインタリオは、美術的なものを追及する以前にキリスト教の
教えや神の権威を民衆に教育する為のもの
として存在した。

キリスト教一色のこの時代のカメオなどは、残念ながら良いものは少ない。




X. 古代カメオの復興 ルネッサンス期

<AD15世紀〜16世紀>

AD15世紀から16世紀のイタリアでは、人間性を賛美する古代ギリシャや
ローマの古典への憧れが大きくなり、古典主義を理想とする様になった。

カメオやインタリオの宝石彫刻のモチーフは、古典的な物語やギリシャ神話的なもの
が多く、当時の独創性を表現したものは皆 無に等しかった。

当時の大富豪ロレンツォ・ド・メディチのコレクションの品質の高さは他に類を見ず、
彼のコレクションしたカメオやインタリオには、<LAVRMED>のサインが刻まれている。

一方、貝に彫られたシェルカメオは、15世紀後期から16世紀にかけてフランスで彫られ、
灰色をした貝が好まれた。またイタリアにおいても17世紀の後期頃までかなり多く
創られたが、現存するのが少ないのは残念である
 




Y. カメオブームの再来(19世紀)

<ナポレオン・ヴィクトリア時代(AD19世紀)>

ナポレオンを理想とする人物は古代ローマの皇帝であり、理想とする文化も
古代ローマであった。

ナポレオン
はイタリア遠征時に持ち帰ったカメオやルイ16世の所有していたカメオ
など多くのコレクションを持ち、単に所有することにとどまらず、周りの人たちにも彼自身
のように身につけることを奨励
した。

また、イギリスのヴィクトリア女王もカメオを愛し、多くの素晴らしいカメオコレクションを
所蔵していた。

古代から近世まで男性の持ち物であったカメオが、ナポレオンやヴィクトリア女王の影響
により女性を飾る装飾品として定着したのもこの時代である。






ナポレオン戴冠式の王冠
ルーブル美術館 所蔵


サントシャペルのカメオ
 パリ国立博物館 所蔵
ゲメ・アウグスティアのカメオ
ウィーン美術史美術館所蔵



19世紀 アメジスト カメオ


19世紀アイボリー(象牙)カメオ


19世紀 シェルカメオ





19世紀 ラーヴァ(溶岩) カメオ


19世紀 ストン カメオ


19世紀 エメラルド カメオ